賃貸のアパートやマンションの審査の通る部屋の探し方

 

部屋探しをいざはじめると困るのが、賃貸アパートやマンションの入居審査です。

 

大家は入居者を募集してはいるものの、誰でも良い訳ではありません。
そのため、気に入った部屋を見つけても入居審査が下りないので、引越しができないってこともあります。

 

特にアルバイトでフリーターの人や無職のニートの人だと審査が落ちた経験をしたこともあるはずです。

 

あまり賃貸の入居審査の話は表に出てこないことが多いですが、大家は必ずしも家賃が支払えるかの点のみを気にしている訳ではありません。
また、実際は大家が審査を管理会社に一任をしているケースもあったりします。

 

そのため、フリーターであってもたとて無職の人であっても、審査が下りる物件はあります。
但し、普通に探していては落ちたりしてしまうのも事実です。

 

収入の少ない人などは審査が通るアパートやマンションを見つけるにはコツがあるのですね。

 

賃貸マンションやアパートの審査の基準

 

まずは賃貸マンションやアパートの審査の基準について紹介をします。
より裏側が分かることで、どうやって部屋探しをしていけば良いのかが分かるようになります。

 

  • 家賃を支払う給料を貰ってるか
  • 職業・職種

 

主に審査の時に記入する情報は上記の2つです。
家族の構成など色々な記入欄はあるものの、重視しているのは上記の2点からいくつかの点を判断しています。

 

但し、家賃を支払う年収をもらってるからと言って、審査が下りる訳ではありません。

 

マンションやアパートの管理会社や大家によって厳しさが違う

 

基本的にマンションやアパートの管理会社や大家によって、審査の厳しさは違います。

 

特に賃料の高い物件やブランドマンションだと審査が厳しいことが多いです。
但し、必ずしも家賃が安いからと言って審査がゆるいこは限らないです。

 

管理会社が審査をしていて、その物件たちはほとんど同じ基準にしていることもあります。
そのため、審査が厳しい会社もあれば、そうでもない会社もあります。

 

入居審査の厳しい賃貸物件は用意する書類が多い

 

入居審査の厳しい賃貸物件の特徴としては、契約委の用意する書類が多いことです。

 

この用意するのは図面に記載されていることもあれば、問い合わせをしなければならないこともあります。
税金の支払い証明書などが必要になることもあります。

 

入居審査の書類と言っても自己申告で記入をしたりするだけです。
そのため、それを証明することができるように、様々な書類を確認する所は、より入居者のことを見ています。

 

アルバイトや無職でも審査の通る賃貸物件の探し方

 

アルバイトや無職でもアパートやマンションなどの賃貸物件はたくさんあります。
ただ、基本的に部屋探しサイトを眺めていても、見つけるのは難しいです。

 

審査の情報などは当然のことながら記載がされていません。
ではどうやって不動産会社の人は問い合わせのあった客に、審査が下りる物件を紹介しているのかと言うと、それは今までの経験や情報からです。

 

今までの経験上でどこの会社の管理してる物件は審査が厳しかったりなどが、分かっています。

 

但し、あまり不動産会社は業界的にあまりこういった情報などを店内で共有をしていないことも多く、営業マンが個々に営業ノウハウであったり、こういった情報を持っていることが多いです。

 

そのため、不動産会社の人に審査が通ると思われる物件の情報を見つけるしかありません。

 

不動産会社の人に部屋探しをして貰う方法は2通り

 

不動産会社の人に部屋探しをして貰う方法は2通りあります。

 

  • 来店をしてアパートやマンションを探して貰う
  • ネット上から部屋探しをして貰う

 

少し前だと来店をする以外には、不動産会社の人に部屋を探して貰えませんでしたが、長い時間滞在をしなければならなかったり、休日がつぶれたりと大変だったりしました。

 

しかし、最近ではパソコンやスマホのアプリで、webで紹介をしている不動産会社も増えています。
こういったのを活用することで、上手く部屋探しをすることができます。

 

アルバイトのフリーターでアパートやマンションが借りれない人は

 

アルバイトのフリーターで審査の下りるアパートやマンションが借りれない人の多くは、賃料の面で支払い能力がないとみられている可能性が高いです。

 

基本的に賃貸は年収の3分の1を家賃の支払いなら、無理なく行えると考えられています。
そのため、月収が20万円のアルバイトなら、約6万円ぐらいの家賃でないと審査は落ちやすくなります。

 

また、マンションなどの集合住宅になると住人と騒音などで、トラブルにならないかを大家は気にしたりします。
ただ、もともとよっぽど部屋の高望みをしていない人であれば、あまりこの辺りを審査で見ることはないので、家賃が関係していることが多いです。

 

審査で無職だからアパートが借りられない人は

 

無職でアパートやマンションなどの賃貸が借りれない人は、その条件でも審査の下りる物件から探す必要があります。

 

収入面から家賃の支払い能力を審査で見ることができません。
しかし、これから働いて給料が入るって人もいますし、必ずしも支払い能力がないとは限らないのも事実です。

 

無職の人はまずは不動産会社などで担当の営業マンに良い部屋を見つけて貰うしかありません。
部屋探しサイトを見て良い条件の部屋を探していても、審査が落ちる可能性が高くなってきます。

 

できるだけベテランの営業が担当をしてくれれば、無職でも借りやすい管理会社の物件の情報も紹介して貰えやすくなります。

 

家賃が払えても賃貸の入居審査は落ちる

 

家賃が支払う能力があれば、必ずしも賃貸の入居審査が通る訳ではありません。

 

大家はとにかく面倒なことがなく、家賃の収入を確保したいと考えるのは、共通しています。
そのうち、面倒なことになるのがいくつかあるのが、近隣住人とのトラブルです。

 

騒音であったり、何かしらのことで、大家に苦情が行くことは多いにあります。
そのため、家賃の支払い能力だけではなく、問題なく部屋を使用してくれるかを審査でみていたりします。

 

職種などを見られることが多いですが、この辺りは大家の偏見もあったりと、個人個人の基準があったりします。
入居者の希望で2年分の家賃を先払いするからと問い合わせをしても、審査が落ちるなんてこともあったりします。

 

同棲は入居審査が落ちやすい

 

家賃の支払いがあっても、入居審査が落ちやすい代表的な例が同棲です。

 

家族と比べると同棲だと、色々ともめることも多かったりします。
もちろん、家族でも大声で喧嘩をする家庭もありますが、あくまで印象としてそう感じている人は多いはずです。

 

そのため、騒がしくて苦情が入る可能性もあるから、審査が厳しくなったりします。